「ボウモア10年テンペスト」が数量限定で御予約承り中! « 神田小西の利酒師「ほろ酔いブログ」

「ボウモア10年テンペスト」が数量限定で御予約承り中!

2011年1月24日入荷

スコットランドのシングルモルトウィスキー「ボウモア10年テンペスト」が2月22日から数量限定で発売されます。

「ボウモア10年テンペスト」700ml    5,880円(消費税込み)
アルコール度:55%

 
数量限定でご予約を承り中!
是非ご連絡下さいませ。(^O^)/

【サントリーより】
シングルモルトウイスキーは、単一蒸溜所のモルトウイスキーだけでつくられるウイスキーです。
育まれた蒸溜所によって異なる個性的な香りと味わいを楽しめるお酒として人気を集めています。
なかでも「ボウモア」は、スコットランド・アイラ島特有のスモーキーな風味とバランスのとれた味わいで“アイラモルトの女王”とも呼ばれています。
今回は全世界で12,000本限定の「ボウモア10年テンペスト」を日本でも2,500本限定で発売するものです。

●商品の特長
ファーストフィル(一空き樽※1)のバーボン樽で10年以上熟成した原酒を100%使用しました。アルコール度数55%のカスクストレングス(樽出し原酒※2)です。液色は明るい黄金色で、アイラ島のシングルモルトらしいピート香が特長です。柑橘系の味わいの中にやや塩味が感じられ、クリーンな余韻が長く続きます。
商品名の「テンペスト」とは、嵐、暴風雨を意味する言葉で、アイラ島の特長的な気候風土を表現すると同時に、この商品の力強い味わいを象徴しています。
※1   一空き樽とは、新樽にシェリーやバーボンなどのお酒を熟成させ、払い出した直後の樽のこと。
※2   樽出し原酒とは、樽貯蔵時の度数そのままでボトルに詰めたモルト原酒のことです。

「ボウモア蒸溜所について」
「ボウモア蒸溜所」は、1779年に創設されたアイラ島最古の蒸溜所で、現在でも、フロアモルティング製法や昔から受け継がれた形のポットスチルで蒸溜するなど、伝統の製法を守り続けています。貯蔵庫は波しぶきを浴びる海辺にあり、ウイスキー原酒は潮の香りに包まれて熟成を続けるため、芳しいスモーキーフレーバーが特長です。

 

コメントをどうぞ